顔 脂 減らす

顔の脂を減らす方法食生活

スポンサーリンク

顔の脂を減らす方法について食生活は関係しているのか。
不規則な生活によってストレスが起こり、男性ホルモンのバランスがおかしくなると。。
顔の脂が多く分泌されてしまいます。
顔の脂。。。テカテカヌルヌル。
いくらティッシュやあぶらとり紙で抑えても根本的な解決にはなりません。
もともとの顔の脂を減らす方法を取っていかないといつまでたっても堂々巡りです。
まず食生活を考えてみましょう。
顔の脂が多い脂性肌の人は食生活のバランスが悪いことが考えられます。
甘いものばっかり食べたり、脂っこいものが好きだったりしていませんか?
脂性肌の人がとったほうがいい栄養素はビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE。これらが多く含まれる食材をバランスよくとっていくことが大事になります。
食生活の見直しは即効性があるわけではないのですが。
結局体の中から。。というのがすべての土台になるので大事です。
食事の中で摂るのがベストです。ただ忙しいとなかなか食生活まで手が回らない場合もあるので適宜サプリメントや補助食品なども利用してみるといいです。

スポンサーリンク

 

それぞれの栄養素の役割と含まれる食べ物は

ビタミンAは皮膚の老化を防ぎ、また抗酸化作用があるので顔の脂プラス臭いも気になるひとはチェックしてください。
含まれる食材はかぼちゃやにんじん、ほうれん草などです。
めんどくさくなく料理するなら電子レンジを活用するといいでしょう。
ビタミンB2は脂質の代謝を促進する働きをもっています。豚、牛、鶏のレバーやうなぎ、納豆、たまご、脱脂粉乳などに多く含まれます。
ビタミンB6はタンパク質の代謝を助ける役割があります。
皮膚炎を予防すると言われています。
いろんな食材に含まれていますが、特にかつお、レバー、バナナなどに含まれています。
ビタミンCは体の細胞同士をつなげるコラーゲン生成を助ける役割があります。
また抗酸化作用、ストレスの抵抗力を強めたりという働きもあります。
多く含まれる食材は柑橘系の果物、いちご、野菜、いもなど。
水に溶けやすいという性質があるので調理するときは気をつける必要があります。
ビタミンEは油脂に溶ける脂溶性ビタミンの一種。抗酸化作用があり、細胞膜老化を予防する働きがあると言われています。
アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、アボカドに多く含まれています。

スポンサーリンク

顔の脂を減らす方法食生活関連ページ

顔の脂を減らす方法 スキンケア編
顔の脂を減らしたり抑えたりするためのスキンケアとは・・